トップページへ戻る > SBI証券

SBI証券

SBI証券は以前からの株取引で人気のあったイートレード証券としても実績のある企業で、個人投資家の取引の人気も高い証券会社の一つです。

現在は、株、投資信託、FX、銀行代理業(住信SBIネット銀行)、保険と金融商品の総合カンパニーとしての地位を築いています。

CFDとして扱う商品は43銘柄と少ないですが、厳選された銘柄を扱っているので、初心者が取り組むにはちょうど良いと考えられるでしょう。

また、最大レバレッジは約20倍と高くなっているので、少額でも十分投資をすることができます。

取引手数料はもちろん新規・決済ともに無料になっているので、1日に何回取引をしても手数料を取られることはありません。

取引時間は原則、月曜日7時~土曜日7時(夏時間は月曜日6時~土曜日6時)になり、休日・取引時間外を含む24時間の売買注文ができます。

注文の方法は、成行、ダイレクト成行、指値、逆指値、OCO、連続とあります。ロスカットは顧客の証拠金が必要証拠金の30%を下回った時点で全ポジションが決済されます。

基本的な機能を高レベルで提供していまうので、リアルタイムトレードにも何ら問題なく取り組むことが出来ます。

・取扱銘柄:株価指数CFD14銘柄、株価指数先物CFD23銘柄、商品先物CFD・商品現物CFD6銘柄

・取引時間:各銘柄により異なります。

・注文時間:基本24時間受け付け(メンテナンス等の時間は省く)

・手数料:無料

・必要保証金:約10%まで

・レバレッジ:最大20倍まで

・決済期限:株価指数CFDはなし

・注文方法:成行、指値、逆指値、OCO、連続

・ロスカット:保証金が必要保証金の30%を下回った場合に反対売買により強制決済。

・決済日:約定日当日

・配当金調整額:株価指数CFDのみアリ

・金利(金利調整額):株価指数CFD、商品現物CFDはアリ

CFD初心者ガイド エントリー

今から始めるなら要注目!CFD取引の人気口座

1位 ひまわりCFD
ひまわりCFD
ひまわりCFDは取引銘柄が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは取引の機会が増えるので大きな利点になります。
無料の口座開設はコチラ
2位 SVC證券CFD口座
SVC證券CFD口座
SVC證券は 取扱銘柄も4000銘柄を超えているので、現行のCFD業者としては最も多くの銘柄を扱う業者の一つとなっています。
無料の口座開設はコチラ
3位 CMC Markets Japan
CMC Markets Japan
CMC Markets Japanは取引CFD銘柄が、3400銘柄以上、取り扱う種類は、現物株、株価指数、業種別指数、債券、VIX指数、コモディティと数多くあります。
無料の口座開設はコチラ
Copyright © 2009 CFD取引の初心者ガイド. All rights reserved