トップページへ戻る > オリックス証券

オリックス証券

オリックスCFDはオリックスグループか手がけるオリックス証券が提供しているサービスになります。オリックス証券は株取引や投資信託、債権、FXなども扱っている規模の大きな証券会社ですので社会的信用度、安全度も大変高いと言えるでしょう。

オリックスCFDの取り扱い商品は、国内、海外の株価指数、株価指数先物、個別株、商品直物、商品先物を原資産とするCFD銘柄、111銘柄となっています(2008年12月現在)

また、取引ソフトはFX取引でも採用されているトレードギアをベースとしたものを使用しているので、完成度の高い取引ツールとなっています。


・取引手数料:

株価指数CFD・株価指数先物CFDは約定代金の0.01%

個別株CFDは約定代金の0.1%。

※最低手数料:個別株CFDのみ。内訳は下記参照。
USドル=3ドル
ユーロ=3ユーロ
ポンド=3ポンド
スイスフラン=4スイスフラン
スウェーデン・クローナ=30クローナ

商品直物CFD・商品先物CFD:約定代金の0.02%


・必要証拠金:

株価指数CFD・株価指数先物CFD:約定代金の5%

個別株CFD:約定代金の20%

商品先物CFD・商品直物CFD:約定代金の10%


・取引時間:各銘柄で異なる。

・注文の種類:成行注文、ダイレクト成行注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、OCO注文、IFD注文、IFO注文

・注文の有効期限:期限なし(取消するまで有効)

・レバレッジ:現物株最大5倍

・ロスカット:証拠金率が25%を割り込むと、口座内の全ポジションがを強制決済。

CFD初心者ガイド エントリー

今から始めるなら要注目!CFD取引の人気口座

1位 ひまわりCFD
ひまわりCFD
ひまわりCFDは取引銘柄が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは取引の機会が増えるので大きな利点になります。
無料の口座開設はコチラ
2位 SVC證券CFD口座
SVC證券CFD口座
SVC證券は 取扱銘柄も4000銘柄を超えているので、現行のCFD業者としては最も多くの銘柄を扱う業者の一つとなっています。
無料の口座開設はコチラ
3位 CMC Markets Japan
CMC Markets Japan
CMC Markets Japanは取引CFD銘柄が、3400銘柄以上、取り扱う種類は、現物株、株価指数、業種別指数、債券、VIX指数、コモディティと数多くあります。
無料の口座開設はコチラ
Copyright © 2009 CFD取引の初心者ガイド. All rights reserved