トップページへ戻る > インヴァスト証券

インヴァスト証券

インヴァストCFDはインヴァスト証券が手がけるCFD取引になります。インヴァスト証券は創業48年で資本金59億円の上場証券会社です。FX業者として有名ですが、他にも商品先物取引や、先物、オプション取引、くりっく365なども行っているので、相対取引のエキスパートと言えるでしょう。

また、顧客の資産に関しては、三井住友銀行(予定)で安心の全額信託分離保管になるので顧客の資産は原則、全額返還されることになるので、安心できますね。

扱う銘柄は、インヴァストCFDが厳選した22銘柄になりますので、流動性も高く不測の事態への対処もリスクが少ないと考えられると思います。

扱い種別としては、株価指数CFD、株価指数先物CFD、商品先物CFD、商品直物CFDの4種類になります。

・株価指数CFD(7銘柄):米国ウォール街30指数、米国SPX500指数、米国テック100指数、英国100指数、フランス40指数、ドイツ30指数、香港40指数

・株価指数先物CFD(9銘柄):日本225指数先物、中国H株指数先物、米国ウォール街30指数先物、米国SPX500指数先物、米国テック100指数先物、英国100指数先物、フランス40指数先物、ドイツ30指数先物、香港40指数先物

・商品先物CFD(4銘柄):NY金先物、NY銀先物、NY原油先物、NYプラチナ先物

・商品直物CFD(2銘柄):金スポット、銀スポット

・手数料:株価指数CFD・株価指数先物CFD=売買代金×0.01%、商品直物CFD・商品先物CFD=売買代金×0.02%

・レバレッジは一律20倍

・CFDの税金:インヴァストCFDの「利益」は、「雑所得」または「事業所得」として課税されることになります。税金は最大で50%になります。

CFD初心者ガイド エントリー

今から始めるなら要注目!CFD取引の人気口座

1位 ひまわりCFD
ひまわりCFD
ひまわりCFDは取引銘柄が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは取引の機会が増えるので大きな利点になります。
無料の口座開設はコチラ
2位 SVC證券CFD口座
SVC證券CFD口座
SVC證券は 取扱銘柄も4000銘柄を超えているので、現行のCFD業者としては最も多くの銘柄を扱う業者の一つとなっています。
無料の口座開設はコチラ
3位 CMC Markets Japan
CMC Markets Japan
CMC Markets Japanは取引CFD銘柄が、3400銘柄以上、取り扱う種類は、現物株、株価指数、業種別指数、債券、VIX指数、コモディティと数多くあります。
無料の口座開設はコチラ
Copyright © 2009 CFD取引の初心者ガイド. All rights reserved