トップページへ戻る > CFD取引のデメリットは?

CFD取引のデメリットは?

CFD取引にはたくさんの銘柄を扱えるメリットがありますがデメリットとして
はどんなことが考えられるでしょうか?

考えられることとしては、メリットでもある市場の大きさと、レバレッジがある
と思います。

全てのことに当てはまることですが、チャンスが多くなればピンチも多くなる傾
向にあります。

ですから、取引市場を大きくすると情報も多く集める必要があるので、管理する
時間と手間が増えるこことになります。

投資だけで生活をしているのならば良いでしょうが、サラリーマンをしながら、
毎日の世界情勢の情報を見続けるのは結構たいへんです。

しかし、資産運用をしている以上は情報収集は必須ですので、自分が投資をして
いる範囲の情勢は常に監視できるようにすべきです。

投資運用先を増やすことができることがCFDの利点ですが、自分の処理できる
情報以上の投資は控えた方が良いかもしれませんね。

CFD初心者ガイド エントリー

今から始めるなら要注目!CFD取引の人気口座

1位 ひまわりCFD
ひまわりCFD
ひまわりCFDは取引銘柄が5000種類以上と多いことが挙げられます。これは取引の機会が増えるので大きな利点になります。
無料の口座開設はコチラ
2位 SVC證券CFD口座
SVC證券CFD口座
SVC證券は 取扱銘柄も4000銘柄を超えているので、現行のCFD業者としては最も多くの銘柄を扱う業者の一つとなっています。
無料の口座開設はコチラ
3位 CMC Markets Japan
CMC Markets Japan
CMC Markets Japanは取引CFD銘柄が、3400銘柄以上、取り扱う種類は、現物株、株価指数、業種別指数、債券、VIX指数、コモディティと数多くあります。
無料の口座開設はコチラ
Copyright © 2009 CFD取引の初心者ガイド. All rights reserved